脇に黒ずみができる原因ってなんなの?

ちゃんと毎日脇のケアをしているのにどうして脇に黒ずみができてしまったのだろうと悩んだりしていませんか?実はその脇のケアこそが黒ずみの
原因を作ってしまっていることが多いのです。そんなことを聞くとなんだか焦ってしまいますよね。でも黒ずみの原因が少しでも解ると、なるほどと思えたり気をつけたり、治すことだってできるのです。まずはその黒ずみの原因を探ってみましょう。

 

脇の黒ずみメラニンの正体とは?

メラニンという言葉は誰もが一度は聞いたことがありますよね。
しかし案外どんなものなのか詳しくは解らないという方が多いのではないでしょうか。
メラニンはメラノサイトから生成される色素です。そしてメラノサイトは表皮の底に存在する色素細胞のことをいいます。このメラニン色素は肌の色を調整する色素細胞なのでシミ、そばかす、黒ずみに大きな影響を与えます。
しかしメラニン色素は私達人間の体になくてはならない色素なのです。通常メラニン色素は紫外線から肌を守るという役割をしてくれます。
私達の皮膚は紫外線を常にあびています。その紫外線が皮膚の奥底まで入り込んでしまうと私達の体に害を及ぼしてしまうことが少なくありません。そこで活躍するのがメラニン色素です。
メラニン色素は紫外線を皮膚の奥底まで入り込まないようバリアを張って防いでくれるのです。
ではなぜメラニン色素は脇の黒ずみの原因になると言われてしまうのでしょうか。それはメラニン色素のこういった良い役割が私達の普段行っている脇のケアのせいで裏目にでてしまうからなのです。

 

良い役割のメラニンが脇の黒ずみの原因になってしまう理由

メラニンの影響で黒ずみ脇になる原因は大きく分けて4つあります。
それは自己処理、摩擦、乾燥、制汗剤の使いすぎです。
脇のケアといえばまず一番に頭に浮かぶのはムダ毛の処理ですよね。
私達が自分でムダ毛のケアをする時はカミソリ、毛抜きで処理をすると
いうのが一般的ですが実はこれは黒ずみの一番の原因になります。
まずカミソリは皮膚まで削ってしまいます。そして毛抜きは無理やり皮膚から毛を引き抜くことで皮膚の下の部分が傷ついてしまいます。これは肌に刺激やダメージを思いきり与えていることになります。
メラニンは本来紫外線から肌を守るために発生します。
しかし、脇の自己処理により肌がダメージを受けてしまったことで
メラニンは肌を守るために過剰に発生してしまいます。
また、締め付ける下着や衣服を着ていると脇に摩擦がおきてメラニン色素を発生させてしまいます。
さらには脇に加わるこれらのダメージが脇に乾燥を与える原因にもなります。乾燥はさらに肌を良くない状態へと導き、本来ターンオーバーされて排出されるはずのメラニンが皮膚の奥底に残ってしまいます。
これは乾燥によりターンオーバーが正常に行われない状態を作ってしまいます。そうなると角質はどんどん厚くなりさらに残っているメラニンが皮膚に押し出されて黒ずみとして現れてくるのです。

 

また、汗やニオイを防ぐために制汗剤を使用する回数が増えると制汗剤に含まれている成分が肌に刺激を与えてしまいます。するとメラニンは肌にダメージを受けていると判断し発生してしまいます。
あと制汗剤はキレイに洗い流さなければ毛穴が詰まってしまい肌のターンオーバーが正常にできなくなります。こちらも黒ずみの原因となってしまいます。

 

脇の黒ずみの原因はメラニンのほかにもう1つ

脇が黒ずんでしまう原因はメラニン色素の過剰な生成によるものだという事はたぶんお解かりいただけたと思います。
実はもう1つ黒ずみの原因があります。それは皮膚による黒ずみではなく毛穴による黒ずみです。これは自己処理で毛を抜いてしまうことによりできる埋没毛の発生で脇が黒ずんで見えてしまうことです。こちらの症状は毛穴がブツブツとしていて埋没毛がある状態のことです。もちろん混合型として皮膚の黒ずみ、毛穴の黒ずみ両方で脇が黒ずんでいることもあります。脇の黒ずみでもよく調べると3タイプあります。ご自分がどのタイプかよく判断をしてご自分にあった対処法が見つかるとよいですね。