ニベアと豆乳ローション。本当に脇の黒ずみを改善できるの?

ニベアや豆乳ローションで脇の黒ずみが改善出来ると言う話を耳にしますが
これって本当なのか知りたいですよね。結論から言うと、残念ながらニベアや豆乳ローションでは脇の黒ずみは改善出来ません。しかし脇の黒ずみを改善する手助けをする事は出来ます。ニベアと豆乳ローション徹底解剖して、何故
改善出来ると言われるようになったのか、また黒ずみ解消専門クリームと何処が違うのか探ってみましょう。

 

ニベア青缶が脇の黒ずみを改善出来ると言われる理由

ニベアにはワセリン、ホホバオイル、スクワラン、ミネラルオイルなどが配合
されております。これらは肌の水分をしっかりと閉じ込めてくれる役割と肌を刺激から守ってくれる保護の役割をしてくれます。脇が黒ずみになる原因の中の1つに肌の乾燥があります。そう考えるとニベアは肌の乾燥を改善する事に対しては効果があると言えます。しかし脇の黒ずみの根本的な原因は、肌が刺激を受けて、メラニン色素が肌を守る為に活発に働き出して発生するものです。
ニベアの成分だけではメラニン色素の働きは抑えられないし、ニベアには水分も美白効果も入っておりません。使い方を間違えてしまうとニベアが毛穴に詰まって黒ずみの原因になってしまうので注意しましょう。これらの事からニベアは、肌の表面を保護すると言った意味で、脇の表面の乾燥や脇が外から受ける摩擦、刺激を軽減する事が出来ます。従ってニベアは脇の黒ずみを改善する事は出来ないけれど、脇の黒ずみを予防する事は出来ると言う事になります。

 

豆乳ローションが脇の黒ずみを改善出来ると言われる理由

豆乳ローションには大豆イソフラボンが含まれております。この大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ様な働きを持っています。これはターンオーバーの正常化を促す効果と抑毛効果があり、使い続けることで毛を薄くしたり、毛を目立たなくする事が出来ます。但し豆乳ローションには、
脱毛効果はないので今生えている毛に対しては効果を発揮できません。必ず毛を剃った後に使用して下さい。そうする事によって保湿効果はもちろん、次に生えて来る毛を薄くする事、更には毛の生えて来るペースも遅くする事が出来ます。脇の黒ずみは自己処理によって、肌がダメージを受けてメラニン色素が過剰に働き発生します。そこで豆乳ローションを使います。するとムダ毛の生えるのを抑制してくれるので脇の自己処理の回数が減る事になります。それは同時に脇へのダメージもかなり減ると言う事に繋がって行きます。ただ大豆イソフラボンを含む豆乳ローションですが、脇の黒ずみの根本的な原因のメラニン色素にアプローチするには、残念ながら効果は弱いです。但しターンオーバーの正常化を促す効果もあるのでその部分での黒ずみ改善の可能性はあります。確実に言えるのは、豆乳ローションはムダ毛を生えにくくする事、ムダ毛を薄くする事で脇の黒ずみを予防している事になります。豆乳ローションは普通に市販もされておりますが、手作りで作った物も効果があると言われています。レシピは「豆乳ローション手作り」と検索をすると簡単に出てくるので挑戦してみるのも楽しいかもしれませんね。

 

ニベアと豆乳ローションと黒ずみ解消クリーム

ニベアと豆乳ローションが脇の黒ずみを改善するわけではなく、手助けをして予防している事がお解かり頂けたと思います。では脇の黒ずみ解消専門クリームとは何処が違うのかと言うと、一番大きな違いは脇の黒ずみを根本から改善する所です。脇の黒ずみ解消専門クリームは確実にメラニン色素にアプローチする事ができ、表面だけではなくて肌の奥底まで潤いを与える保湿効果があります。更には美白成分も配合されていて脇を白く綺麗にしてくれます。脇の黒ずみ解消専門クリームは、専門と言うだけあって、脇の黒ずみを改善する為に考えられた必要な成分全てが配合されたクリームです。脇の黒ずみを改善したいと思っている方は、脇の黒ずみ専門クリームをご使用になる事をオススメします。