脇の黒ずみをピーリングで治すには

ピーリングは脇の黒ずみを改善することができます。だけどその反面
ピーリングは乾燥肌になったり黒ずみを悪化させるリスクも伴います。
しかしきちんとした知識を身につけて行えば何も心配することはありません。
また自分で行えるものから、医師の手を借りるものまでピーリングには
種類もあります。今後ピーリングを考えている方に知っていただきたいことがいくつかございます。是非参考にしてみて下さいね。

 

ピーリングとボディスクラブで脇の黒ずみは改善できる?

脇の黒ずみには2種類あります。1つは色素沈着による黒ずみ、もう1つは
毛穴の詰まりによる黒ずみです。ピーリングやボディスクラブはこの後者の
脇の黒ずみに効果を発揮します。ではピーリングとボディスクラブの違いを
簡単にご説明致します。ピーリングとは古い角質を取り除き肌のターンオーバーを正常に促す美容法です。ピーリングは肌のターンオーバーを早めるものではありません。まず自己処理などで出来てしまった埋没毛や古い角質をピーリング剤で溶かし肌をリセットした状態に戻します。そして乱れていた肌のターンオーバーを正常に整えることが目的です。そうすることによって不要なメラニン色素が皮膚の中に居座らず、排出されて黒ずみができなくなるというわけです。また毛穴の汚れや埋没毛を取り除く作用もあるので黒ずみの改善へと繋がっていきます。
ボディスクラブも目的は同じなのですがピーリングとの大きな違いがあります。
ボディスクラブは細かい粒子で肌を削りながら古い角質を取り除きます。
従ってあまり強く擦りすぎると肌にダメージを与えてしまい黒ずみの原因となります。優しく擦ることを心がけてくださいね。あとはそれぞれの持つボディスクラブの使用法をしっかりと守ってください。ボディスクラブは、こういったリスクもありますが脇の黒ずみの予防効果もあるので使い方さえ間違わなければとても力強い味方となります。オススメはビタミンCや保湿成分が配合されている商品です。そういった商品を使用することにより脇の黒ずみがよりいっそう改善されると思います。

 

医療ピーリングについて

ピーリングには医療ピーリングと言われている皮膚科や美容クリニックなどの
医師が在中する機関で行われる施術があります。種類は主に3つです。
1つはケミカルピーリングです。これは皮膚に強い化学薬品を塗って古い角質を溶かしながら剥がしていく方法です。
もう1つはレーザーピーリングです。特殊なレーザーをメラニン色素に直接
照射し破壊して黒ずみの原因を取り除きます。
そして最後はクリスタルピーリングです。こちらは全ての肌の人に適用できると言われています。特に敏感肌の人にはオススメです。施術内容は微粒子の酸化アルミニウムを肌に吹きかけて余分な角質を削ります。
但し皮膚科では一般的にケミカルピーリングが基本で行われているところが多い様です。例えばケミカルピーリングを行って更に綺麗に仕上げたい場合は
レーザーピーリングかクリスタルピーリングを併用して施術します。
もちろん一種類のピーリング治療で脇の黒ずみは改善することが出来るので
よく医師と相談をしてどの方法が自分に一番あうのか決めることが大切です。

 

セルフピーリングとは?

医療ピーリングにもありましたがケミカルピーリングは自宅でもできます。自分で行う場合は医療で使用されている強い酸ではなくて普通に市販されている弱い酸で古い角質を溶かし削る方法です。この事をセルフピーリングと言います。こちらは主にフルーツ酸を配合している物が多く市販品ではジェルや石鹸などがあります。医療ピーリングの様に完璧な改善とはいきませんが程度の具合によっては黒ずみが気にならないほど改善します。但し早く黒ずみを綺麗にしたくてピーリングをする間隔を開けずに使用していると黒ずみを悪化させてしまいます。ご使用になる商品の使用法をきちんと守ってピーリングケアを
行ってくださいね。後は使用後の保湿も忘れずにするとセルフピーリングでも充分黒ずみの改善が出来ると思います。いきなりクリニックへ行く事に抵抗がある方はまず、ご自分でピーリングが向いているかを判断する為にセルフピーリングから始めてみると良いかもしれませんね。