わき毛の自己処理で黒ずみができるの?

脇の黒ずみは普段自分が脇を綺麗にする為に行っている自己処理が主な原因
です。でも、お金のかかる脱毛にはなかなか行けません。そんな脇の自己処理
方法についてご説明致します。自分で自己処理をするなら黒ずみを作らない脇の自己処理を行うよう頑張ってみましょうね。

 

脇の黒ずみの原因になる自己処理って?

脇の黒ずみはダメージを受けた脇が防衛反応を起こし、メラニン色素を作る事で発生します。私達が手軽に出来る自己処理にはいくつか種類があります。電動シェーバーと剃刀で毛を剃る処理や毛抜き又はピンセットで毛を抜く処理、そして除毛クリームで表面の毛を溶かして処理するものです。これらは全て脇に刺激を与えてしまいます。但し対処法によっては出来るだけ脇に刺激を与えない様にする事も出来ます。面倒でも少しだけ気を使ってあげて脇の自己処理をしてみましょう。

 

脇のダメージを軽くする自己処理別対処法

脇にダメージを与えてしまう自己処理ですが少しでも刺激を軽くする為の
対処法があります。脇の自己処理別にご紹介致します。まず電動シェーバーと剃刀で行う自己処理です。これは表面に出ている毛のみを処理します。この場合剃刀で毛を剃るよりも女性用電動シェーバーをご使用になる事をオススメします。何故なら剃刀を使って直接皮膚を剃るよりも女性用電動シェーバーの方が肌に与える刺激が少ないからです。
電動シェーバーは基本乾いた肌の状態で使用します。これは乾いた肌に直接と言う意味ではありません。入浴時や入浴後の角質層が柔らかくなっていない時と言う意味です。これは角質が柔らかすぎると処理する時に角質を一緒に削ってしまう確立が高くなるからです。角質を削ってしまうと脇の黒ずみが出てきてしまいます。電動シェーバーで脇の処理をする時も肌の保護をするクリームやワセリンを塗るのがオススメです。ちなみにシェービングクリームは必要な皮脂まで取ってしまうので使用する時は要注意です。
後は毛の流れに沿って優しく1度で剃る様に心がけて下さい。何度も剃ったりシェーバーを強く皮膚に押し当てしまうと皮膚にダメージを与えてしまいます。そして仕上げは保湿ケアをきちんとして脇を冷やすと毛穴が引き締まってダメージを軽減する事が出来ます。また2、3日は剃った部分に石鹸を使用する事は控えましょう。
電動シェーバーは自己処理の中でも一番脇に刺激を与えませんが毛穴が立っている鳥肌タイプの方は危険です。安全剃刀の方が肌を傷つけません。その場合の対処法も電動シェーバーと同じ要領でケアして下さい。
次に毛抜き、ピンセットで行う自己処理ですがこちらは皮膚の内部の根毛を無理やり引き抜く方法です。これは最も脇にダメージを与えてしまいます。黒ずみだけではなく埋没毛も発生させてしまうので肌に負担の少ない対処法をご紹介します。まず脇の脱毛する部分を蒸しタオルで温めて毛穴を開きます。そして毛の生えている方向に沿ってゆっくり力を入れてひっぱります。処理が終わったら冷水に濡らしたコットンで冷やして毛穴を閉じ仕上げに保湿を行うとダメージがかなり減ります。
最後に除毛クリームでの自己処理です。これはアルカリ性の化学物質により毛を溶かしてムダ毛の処理を行います。入浴時ムダ毛の処理の部分に除毛クリームを優しく塗って効果が発揮される時間そのままの状態にしておきます。そして仕上げはクリームを取り除きお風呂場で綺麗に洗い流します。除毛クリームは毛を溶かす時に一緒にたんぱく質を破壊してしまうので使用する時は間隔を開けなければ肌トラブルの原因になるので注意して下さいね。

 

脇の黒ずみを作らない為の自己処理をしましょう

脇の黒ずみは肌に刺激を与えてしまう自己処理が原因です。しかし少しでもその刺激を抑えることの出来る自己処理を行えば脇の黒ずみを作らない様にする事又は黒ずみを薄くしていく事が出来ます。自己処理の中でその条件に最も近いのが電動シェーバーによるものです。いろいろな事情でサロンやエステ、医療脱毛に通えない事もありますがその場合少しでも脇が黒ずまない様に自己処理するだけで脇もずいぶん綺麗になるはずです。手軽にパパッと出来ることがメリットの自己処理ですがひと手間加えて黒ずみを遠ざけましょう。